TOP

スタイル抜群な風俗嬢を発見したので、その時の体験談をご紹介します。

まあこれは職業病ということかな。

店内に入ると受付けで初めてかと聞かれます。これはピンサロ定番の受け答えですね。混んでるとの事で前金で5000円支払い、リザーブみたいな形になって、30分後にまた来店です。混んでても30分の待ちというのは許容範囲というか問題ないですね。ピンサロ嬢が来てくれて軽くあいさつ。別に話す事なかったし脱げばいい?と聞いて、ズボンとパンツを脱いでおしぼりで軽くふかれてフェラチオです。女の子も服脱いでたけど、ブラジャーはとってなかったから、一応ブラジャーはずしてもいいか聞いたらしていいよって言われて外しておっぱい触ってた。女の子によっては乳首いじられまくりで乳首が切れることがあるんですよ。店内は空調で乾燥してますからね。だから指入れ対策でおまんこにローション仕込んでる女の子もいれば乳首対策で乳首にローション塗りまくってる女の子もいますから。この女の子もそんな感じだったよ。まあこれは職業病ということかな。


性感タイムではあっさり逝きました

仕事の都合で今回は都内へ行きました。仕事自体はたいしたことないので、早く片付けて夜の街にくりだそうという気持ちが満々です。とりあえず、サイトをチェックして、携帯メールで、リザーブします。しばらくすると風俗店からリザーブ完了の返信メールが届きました。リザーブ時間の1時間前にTELすると、『いつもご利用くださりありがとうございます。』と、親切丁寧な応対です。頻繁ではないですけど、前回の利用を覚えてくれていたのはちょっと感動ですね。ホテルに入って人妻嬢を待ちます。コンコンとノックがあり、ドアを開けたら、女の子が開口1番『あら〜。お久しぶり〜。』だって。『ずいぶん前だから覚えていないでしょ?』って聞いたら『ちゃんと覚えていますよ〜。だってお客さん忘れられない顔だもん。』って、良くも悪くも受け取れる返答に、私はただ苦笑いするしかありませんでした。今回はキンタマコースなので、マッサージは始めからちんぽとキンタマを揉んだり指圧したり、時にはその回りをサワサワという、いやらしいテクニックで感じさせてくれます。そんなこんなで性感タイムでは、あっさりと逝っちゃいました。